クレジットカードにはいわゆる「ショッピング枠」と表題の「キャッシング枠」というものがあります。
クレジットカードには急にお金が必要な時にあらかじめ設定された限度額までお金を借りる事が出来るキャッシング枠というものがあり、では実際にいくらまで借りる事が出来るのか?疑問に思っておられる方々も多いかと思います。

そこで、今回は海外お金が足りないときにサッと使え、ワーホリでお金が足りなくなった時の強い味方であるクレジットカードのキャッシング枠について紹介します。

クレジットカードのキャッシング枠とは?

ショッピングセンターの中や、インターネットでカード会員募集をしている信販会社に申し込んだ経験はございますか?
おおかたのクレジットカード会社の場合、ショッピング枠とキャッシング枠の希望金額を記入(入力)します。キャッシング枠設定は任意であり、キャッシング枠はいりませんと断る事も出来ます。
この希望枠が全て通る訳ではなく、割販法と貸金業法という法律に則ってそれぞれの枠が設定されます。
例えばショッピング枠50万(内 キャッシング枠20万)など。

お気づきの方はピンと来たと思いますが、通常ショッピング枠の方がキャッシング枠よりも多い金額が設定されています。
これはクレジットカードはあくまで、ショッピングをする事がメインであり、巷の加盟店でカードショッピングをすると、カード会社が加盟店へ代払いを行い、カード会社は会員から月々手数料をもらい返済をしてもらう方法を取っているからです。
2つの枠は別々の扱いみたいですが、全体の極度額(限度額)はまとめられています。

例えば上記の例ですとショッピングを50万使うと返済が終了しないとキャッシングは出来ません。
逆にキャッシング枠20万を使うとショッピング枠は差し引き30万しか買い物は出来ないという仕組みです。

ショッピング枠とキャッシング枠の違い

クレジットカードはあくまで、ショッピングをする事がメインであり、巷の加盟店でカードショッピングをすると、カード会社が加盟店へ代払いを行い、カード会社は会員から月々元本プラス手数料をもらいお客さんは返済を行う三者間取引とでも申しましょうか。
キャッシング枠というのは、いわゆる銀行ATMのように気軽に現金を引き出し受け取る事が出来るため、決済システム等がない支払いで利用する事が出来る仕組みと言えます。